矢萩邦彦(Kunihiko YAHAGI)

株式会社スタディオアフタモード代表取締役

Bio

教育・アート・ジャーナリズムの現場で活動し、一つの専門分野では得にくい視点と技術の越境統合を目指す日本初のアルスコンビネーター(命名は松岡正剛)。予備校でレギュラー授業を持ちながら、全国で江戸的私塾『鏡明塾』を展開、分野にとらわれない現代版陽明学を実践している。学校機関でも特別講師として平和学・社会学・教育学など講演。また教育コンサルタントとして学生や保護者へのアドバイスに留まらず、講師研修・企業研修等も手がけている。代表取締役を務める株式会社スタディオアフタモードではジャーナリスト育成や大学との共同研究に従事、ロンドンパラリンピックには公式記者として派遣された。

Works

「政治を持ち込まないで!」ウクライナの抗議行動に共感できない空気

2014/03/14ロシアとの緊迫する情勢の中で会場を喝采の渦に巻き込んだウクライナの参加。しかし、その抗議行動は日に日にエスカレート、メダリストがメダルを隠したり表情を殺すシーン...

震災報道と『明日、ママがいない』に見るメディアが配慮すべき共通点

2014/03/11震災3年を前に、日本子ども家庭総合研究所と東日本大震災中央子ども支援センターが報道機関に対して「東日本大震災の報道に係るご配慮について」という要請を行いました。...

「撮らなきゃマズイ!」苦笑される日本報道陣~メディアのモラルを考える

2014/03/11「日本のメディアはマナーが悪い」ロンドンパリンピックの時に各所で聞かれた感想でした。そして、ロンドンを取材する中で一部ではありますが、そう言われても仕方のないメ...

ウクライナに喝采!ソチパラリンピック開会!

2014/03/093月7日、2014年にかけて20時14分に開幕したソチパラリンピック。“氷を割って”をテーマにクリオネ風のダンサーが飛び交う壮大な式典は、会場に詰めかけた4万人...

聖火ランナー佐藤真海選手「灯し続けることで一体感を」〜オリンピックとパラリンピックの境界について考える

2014/03/09パラリンピック開会式前日、聖火ランナーを務めた陸上(走り幅跳び)の佐藤真海選手。沿道のオーディエンスから声援を受け、弾ける笑顔でソチの街を走り抜けました。 余計...

『知の楯』―正しく考えるためのバイアスキャンセル技法1:僕らの思考は縛られている

2014/03/01突然ですが問題です。 【問題1】あなたが冒険の途中、モンスターに襲われたとします。その時あなたは楯しか持っていません。武器はありません。さて、どうしますか?  ...

「結果にこだわりたい」代表選手団結団式とメディア・視聴者の意識について

2014/03/01「乗り越えた困難を糧に、ソチでの活躍を期待しています」と激励した安倍首相 2014年3月7日に開幕するソチパラリンピックの結団式・壮行会が2月5日ホテルニューオ...

矢萩邦彦×佐藤慧 理想の学校、理想の教育(後篇)

2014/03/01準備の大切さとカッコイイ大人 矢萩:授業に限らず何事でもそうだと思いますが、準備しておいて全く使わずにアドリブで行くのはOKなんですよ。それは僕も良くやります。...

矢萩邦彦×佐藤慧 理想の学校、理想の教育(前篇)

2014/03/01学校と独学と 矢萩:慧君おはようございます。いよいよ初対談ですね。 佐藤:どんな内容になるか楽しみです。きっといつまでも続いてしまうでしょうから、うまくリードし...

HIVと希望と境界線と

2014/03/01ウガンダ取材中の安田と連絡が取れました。世界中何処にいても連絡が取れることは本当に凄いことですね。メールは勿論ですが、SkypeやTwitterはまた一段と世界...

過去と向き合う――カンボジア、虐殺から30年目の覚悟

2014/03/01ポルポト政権下で15000人以上が虐殺されたというトゥール・スレーン強制収容所。その中でたった7人生還した内の一人で、現地では安田菜津紀もお世話になっているチュ...

元BC級戦犯、飯田進氏に学ぶ:過去を見つめ直す~主観と教育と教養と

2014/03/01このイベントへの出演をお願いしに、安田と二人で飯田さん宅にお邪魔したのは、2010年7月12日のことでした。それから何度か飯田さんと交わした対話の一部をまず、ご...

虹の彼方へ ―セクシュアリティの多様性と社会的シバリへの挑戦―

2014/03/01少し早い夏の訪れを感じながら、代々木公園の雑踏を行く。ステージには“華やか”な衣装をまとった“女性”が丁寧かつユーモラスな口調でイベントを進行している。 彼女の...

音の世界の中で研ぎ澄まされる ゴールボール日本チームのパラリンピック3

2014/03/01入場後、日本チームがすぐに投球練習、守備練習を始める中、中国選手は全員がコートの中に入り、ひたすら小さな動きの練習を繰り返す。3分ほど経った後、満を持してボール...

音の世界の中で研ぎ澄まされる ゴールボール日本チームのパラリンピック2

2014/03/01準決勝。日本チームが入場し選手紹介が始まった。元気よく両手を挙げるキャプテンの小宮正江選手。続いて浦田理恵選手が淑やかに礼をし、欠端瑛子選手、中嶋茜選手、若杉遥...

音の世界の中で研ぎ澄まされる ゴールボール日本チームのパラリンピック1

2014/03/01カナダ戦。安達阿記子選手の欠場もあり苦戦したが、ディフェンスは安定。(写真:安藤理智) ゴールが決まり、ホイッスルが鳴った途端に会場が沸く。それまでは選手は沈黙...

Go!Go!里奈!! 全盲の水泳選手秋山里奈と応援団のパラリンピック2

2014/03/01「今日まで自分が思ったようなレースはできませんでした。今日も8割くらいの力でのぞむつもりでしたが、実際レースになると全力に近かったので……」 予選を3位で通過し...

Go!Go!里奈!! 全盲の水泳選手秋山里奈と応援団のパラリンピック1

2014/03/01パラリンピック最初の予選前、直前のジャパンパラで世界新を出したばかりの全盲の水泳選手、秋山里奈さん(24)の応援団とお会いすることが出来た。ご両親と応援団長の伊...