(C) Natsuki Yasuda

「私の人生が180度変わるような経験」カンボジア・スタディツアー高校生レポート:近藤礼奈(5/5)

2015/05/07近藤礼奈

九日目

この日の午前はアンコールワット観光。カンボジアといえばアンコールワットのイメージが強いですよね。現地ガイドさんと一緒にアンコールワットの前に映画の撮影で使われたことでも有名なタ・プロームへ。ですが、正直に言いますと、タ・プロームやアンコールワット遺跡を見て周った時の記憶がほとんどありません…(笑)。あの時、暑くてフラフラになりながらガイドさんのお話を聞くのが精一杯だったのですが、そのお話も断片的にしか覚えておらず(ガイドさんすみません…)遺跡を見て周っていた時の記憶がぽっかりと抜けてしまっています。メモ帳を見ても「なんじゃこれ」な文面で、とてもお見せできるようなものではありませんでした…。またカンボジアへ行った時はタ・プロームとアンコールワットに万全の状態で行きたいと思います。ここ数日間、大きな体調不良もなく健康に過ごせていたのですが、カンボジアの暑さを甘く見ていたようです。みなさんもカンボジアへ行くことがあれば水分補給を忘れずに暑さには十分お気をつけ下さい…。

そんな悲劇の(本当に悲しい)アンコールワット見学が終わり自由時間。スタツアメンバーの知り合いの方が関わっている村へ訪問しました。タサエン以来に子どもたちといっぱい汗をかきながら走り回ました。カンボジアに来て子どもたちと接することがたくさんありましたが、そのたびに同じ参加者から学ぶことが多かった。子どもとの向き合い方、子どもだけでなく人との向き合い方を改めて考えさせられました。私たちが笑うと相手も笑ってくれる。こういった連鎖を広げていきたいと思いました。

この日の夕食はさよならディナー。本当にカンボジアが大好きで日本に帰りたくありませんでした。ご飯を食べながらひたすら泣いて、誕生日が近い参加者、スタツア主催の菜津紀さんの誕生日サプライズでメンバーの温かさに泣いて、現地の人との別れに泣いて、みんなで机を囲んでご飯を食べる何気ないことに泣いて…もう涙がぼろぼろと溢れ出してきて。人前で泣くことなんて考えられなかったのに、今ではかなり涙もろくなってしまいました(笑)。「ここは泣いてもいい場所なんだ」、そう思える仲間、場所に出会えて胸がいっぱいです。帰りはトゥクトゥクでホテルまで向かったのですが、このときも「もう当分トゥクトゥクには乗れないんだ」とまたまた泣いてしまいました(笑)。明日はとうとう日本へ帰国します。

十日目

午前にクル・クメールへ訪問。クル・クメールとは、カンボジアの貧困を中心とした問題、その一方で世界に誇る豊かな文化とハーブを知り「地元の素材を使い、地元の人々が製品を作る、地元のための組織」を創りたいと、代表の篠田さんが2009年に立ち上げました。代表の篠田さんのお話を聞いてかなり感銘を受けました。私がカンボジアへ来てできた夢とシンクロする部分が多く食い入るようにお話を聞いていました。

クル・クメールでは10代後半~20代後半までのカンボジア女性がスタッフとして働いているそうなのですが、その中に混じって私も篠田さんのもとで働きたいくらいです。篠田さんが「若さを武器にして分からないことはちゃんと聞く、インプットとアオウトプットをすることが大事」と語ってくれました。思い返せば私は知らないことは恥だと思って誰にも聞けずにいたなあと思いましたが挑戦したり、知らないことがあるのは決して恥ずかしいことじゃない、むしろ知らないことを知らないままでうやむやにしておくほうが恥ずかしい。そう気づかされました。

工房でマッサージやココナッツオイルを作る体験、入浴剤を作ったり、と女子力がぐんと上がった気がします。クル・クメールの商品を購入し、女子力を買って(笑)ルンルン気分でホテルへ戻りました。

午後の出発まで自由時間を過ごし、バスで空港へ。空港へ向かうバスの中ではカンボジアの風景を少しでも多く目に焼き付けようとひたすら窓の外を眺めていました。カンボジアへ来た1日目もこうやってバスから風景を見ていたなあ、と思うとなんだか色々な気持ちが溢れ出してうるうる。パスポートをどこかに落としてこのままカンボジアに残ろうかなとも考えましたが、帰ってからがスタツアなのでそれは諦めました(笑)。この気持ちもいつか薄れてしまうのかもしれない。みんなそれぞれの日常に慣れていく。だけどそれぞれの日常を過ごすなかで今できること、を考える日々です。

カンボジアからもらったもの、それは数え切れませんがたくさんの夢をもらいました。カンボジアでは問題も多いけれど人々が持つ愛や温かさ、笑顔に触れることができました。この国へ行ってから国際協力に興味を持ち始めました。こんな私でも何か力になれること、伝えられることがあるのではないかと考えています。知らなければ傷つくことも悩むこともなかったかもしれない。だけどしっかりと現実を受け止めて目をそらさず、例え小さいとしても何かに貢献できたらと思います。

カンボジアへ行って自分のこれからの物語がはっきりと見えました。この国で過ごした10日間は挑戦の日々だったけれど、これからの人生でも挑戦していくことを忘れません。カンボジアと向き合えたこと、夢をもらったこと、そしてなにより、私にこんな大きなチャンスを与えて下さった方々に心からの感謝を伝えます。私の人生が180度変わるような経験をさせていただいて本当にありがとうございました。両腕から溢れてしまいそうなほど大切なものが増えました。これを、私が教えてもらったように誰かに伝えていけたらと思います。

近藤礼奈

寝屋川高等学校2年生(参加当時)。2015年カンボジア・スタディツアーに高校生チャレンジ枠として参加。

近藤礼奈カンボジアレポート

comments powered by Disqus

Next Quest