西端雅カンボジアレポート

カンボジア・スタディツアー2015に参加した高校生・西端雅さんによるレポート

「ずっと誰かと食事ができるんだと思うと本当に嬉しかった」カンボジア・スタディツアー高校生レポート:西端雅(1/5)

2015/05/07私には幼い頃の記憶があまりない。ある人が言っていた。「人は、忘れたい記憶は忘れるようにできているらしい。」そうかもしれないし、そうではないかもしれない。確かに、...

「貧困の問題を直接的に解決することはできないけど、でも、笑いあうことはできる」カンボジア・スタディツアー高校生レポート:西端雅(2/5)

2015/05/07三日目 午前は、プノンペンにあるSVA(公益社団法人シャンティ国際会)のカンボジア事務所を訪問した。SVAはカンボジア難民キャンプで支援活動を開始して以来、カン...

「私がずっとずっと、求めていたものが、ここにはあったのだ」カンボジア・スタディツアー高校生レポート:西端雅(3/5)

2015/05/07五日目 午前、タサエンへ移動。タサエンのNGO宿舎に到着すると、元気なワンちゃんがお出迎えしてくれた!滞在中、あだ名はモップになっていたが(笑)。カメラの中には...

「世間の声に惑わされてはいけない」カンボジア・スタディツアー高校生レポート:西端雅(4/5)

2015/05/07七日目 タサエン出発する前、高山さんのお話を聞く。「戦争のない社会をつくるには」まず現実を直視し、人々がそれぞれにできることをする。「自分の思想をつくる」世間の...

「私にはたくさんの家族ができました」カンボジア・スタディツアー高校生レポート:西端雅(5/5)

2015/05/07九日目 アンコールワット観光と自由行動の1日。そろそろ帰国が迫っているので、私は念のため病院に行くことに。着いた病院は本当にすごかった。地元の大きな病院よりも、...