高校生東北レポート2017

高校生・東北スタディツアー2017参加者によるレポート

「二度と、あの悲劇を繰り返さないために」高校生・東北スタディツアー参加報告 家老賢太

2017/11/03東日本大震災から6年の歳月が経った。震災当時小学生だった僕も、やがて中学・高校へと上がっていったが、同時に震災について、考えることも少なくなっていった。 東北ス...

「復興が少しでもはやく進みますように」高校生・東北スタディツアー参加報告 山中ちひろ

2017/11/03陸前高田市にある大型商業施設、アバッセに立ち寄った時に目にした短冊に書かれた文だった。幼い文字で綴られたその短冊を見つけた時、胸を刺されるような思いがして、しば...

「東北の魅力を発信していきたい」高校生・東北スタディツアー参加報告 重松百香

2017/11/031日目 仙台駅からバスで南相馬に移動し、小高区に向かっていく時の風景の変化を忘れられません。ある地点から、人の気配がなくなる。壊れたままの店のシャッター、看板。...

「写真をきっかけに東北のことを伝えていけたら」高校生・東北スタディツアー参加報告 清水彩花

2017/11/03スタディツアー中の4日間は、とても内容の濃いものでした。毎日が“学び”で、初めてのことばかりでした。初めて知ったこと、初めて訪れた場所、初めて出会った人々、もち...

「その命を守るために」高校生・東北スタディツアー参加報告 川崎弥矢

2017/11/03何よりも「命」を大切にする。命が最も大事なものであるということは、小さい頃から聞いていました。しかし、こんなにも強く実感したのは、このスタディツアーが初めてでし...

「人から人に想いを伝える」高校生・東北スタディツアー参加報告 泉るな

2017/11/03父が東日本大震災のときに関東で被災して、連絡がつかずに不安になったことから、地元の佐賀でよくボランティア活動を行っていました。しかし、あれから約6年が経ち、今の...

「お互いの想いを共有し、新たな道へ」高校生・東北スタディツアー参加報告 丹治勇介

2017/11/03福島県南相馬市原町区萱浜、上野さんはそこに住んでいます。バスから眺め、バスから降り立っても眺め続けた風景は、津波の悲惨さを物語っているかと思うとそうでもなく、田...

「4日間の軌跡」高校生・東北スタディツアー参加報告 藤岡しほり

2017/11/03東日本大震災から6年。被災地は今、どのような状況なのか。被災した方は今、どんな思いで過ごしているのか。みなさんは想像したことがありますか?私は宮城県に住んでいま...

「”自分にできること” の模索を諦めてはいけない」高校生・東北スタディツアー参加報告 立見梢

2017/11/03私は、今まで東日本大震災に対して漠然とした危機感しか抱いてこなかった。また、データを通して震災のことを知ることは多かったが、被災地の方々と実際にお話する機会が無...

「ありがとう。と伝えたい」高校生・東北スタディツアー参加報告 鰐渕麻梨子

2017/11/03私の東北スタディツアーは逃げから始まった。何を撮ったらいいかわからない。それは3年前の経験からだった。 3年前の経験 ここで少し3年前の経験についてお話させてい...

「本当のスタディツアーの意味」高校生・東北スタディツアー参加報告 渕上あゆみ

2017/11/03自分が以前別のスタディツアーに参加し、そこで学んだことを友達に話したが興味を持ってもらうことが出来ずとても悔しい思いをした。そんな時このスタディツアーのことを知...