(C) 苅部太郎

苅部太郎氏による写真展『Plastic Reincarnation』を開催します

2017/12/07

写真家・苅部太郎氏による写真展『Plastic Reincarnation』を開催します。展示会場は江東区扇橋の日本酒バー「&LOUNGE」。キュレーターは矢萩邦彦、主催は合同会社FromScratch。展示期間は12月6日から2018年1月8日まで。

Plastic Reincarnationについて(苅部太郎)

本展はレンズ付きフィルム(使い捨てカメラ)で撮影された写真で構成され、四国巡礼中にそのコンセプトの着想を得ました。第一の制作動機は、自身の生の感覚の希薄さと向き合うことにあります。外界から隔絶された感覚、そして存在の漠然とした不確かさを克服するために、39枚撮りのレンズ付きフィルムを依代にして擬似的な生死を繰り返し体験し、自身を外界へと再接続しようと試みました。日々の生活で視覚的に注意を奪われた対象を、意識的な作為をできる限り抑制して一枚一枚剥ぎ取ってゆくと、1つのフィルムロールを使い切る度に静かな痛みを感じました。その痛みをもって生の輪郭を繰り返しなぞることで、まるで自傷行為の後のように自己の存在を再確認することができたように思います。

また、創成と消失を無秩序に繰り返す、混沌とした世界の断片を集めようとも思いました。人も物も場所も、常に連続して生成変化し続けます。あらゆるものは無限の関係性の網で複雑に繋がり合い、その連鎖の上を出会いと別れを繰り返して転がってゆきます。もしこの偶然がなければ出会えないし、次の機会に出会ったとしても、その性質は全く違ってしまっている。同じ川の流れには二度と入ることはできません。そんなランダム性に支配された川の水を掬いとり、指の間からこぼれ落ちる世界を少しでもあまさずに飲み込もうとしました。

苅部太郎

1988年愛知県生まれ。南山大学(愛知)で心理学を専攻するかたわら、休学し英国と南アフリカ共和国でHIV/AIDS撲滅活動に従事。卒業後に金融機関で法人営業とシステム開発に従事した後、2015年に写真家として独立。現代人/社会の定義、識閾、部分と全体の関係などの心理・哲学的主題を中心に思考実験的な記録作品を制作しており、過去に人形偏愛、高齢社会問題、労働問題、青木ヶ原樹海、ハロウィン、ロヒンギャ難民などを撮影している。作品は国際的に掲載され、代表的なものにニューヨークタイムズ、ブリティッシュジャーナルオブフォトグラフィー、ウォールストリートジャーナル、デアシュピーゲル、ガーディアン、ワシントンポスト等がある。2017年にPDN Photo Annual報道部門(米)、PX3パリ写真賞 肖像部門/銅賞(仏)、2016年にCritical Mass Top50(米)受賞。ニジニ・タギル美術館(露)に作品が永久収蔵。2018年にLes Éditions Textuel社(仏)から写真集刊行、また豪 シドニーで個展を開催予定。

About the exhibition (by Taro Karibe)

This exhibition is composed of photographs taken with a disposable camera.

The concept developed while I followed the traditional pilgrimage trail of 88 temples in Shikoku, the least populated of the four main islands of Japan. During the shooting I was motivated to face the faint sense of being alive that I have struggled with since I was a child. To overcome the feeling of alienation and desolation, I used disposable film cameras which are limited to 39 images. Since the life-cycle of the camera is short and transitory I was able to experience life and death again and again, virtually. When I finished each film roll I felt silent pains, but through that I began to be able to trace the outline of life, to gain a concrete feeling of existence. The series collects the chaotic fragments of the world and things that fascinated me -the beautiful, the spooky, the colorful- things which are constantly being created and also vanishing. I embraced the world of the transitory.

Bio

Taro Karibe (b.1988) is a Japanese photographer based in Tokyo, Japan.
After he received a Bachelor of Psychology at Nanzan University in 2012, he started working for a financial institution. In 2015, he started a career as a freelance Photographer in Tokyo, Japan.
His main concern is to document social issues from psychological/philosophical perspective, and extract social system structure/modern human identity, by using camera as a tool. His works have been published internationally in publication such as The New York Times, British Journal of Photography, The Wall Street Journal, Washington Post, Der Spiegel, Stern, The guardian and so on.

He is the winner of PDN Photo Annual (Photojournalism/ Documentary category), PX3 The Prix de la Photographie Paris (Portrait category, Bronze prize) in 2017, and Critical Mass Top 50 in 2016. His works are permanently collected by the Municipal museum of Fine Arts in Nizhny Tagil, Russia. He is publishing the second photobook ‘Saori’ with Les Éditions Textuel, France, and having a solo exhibition in Sydney, Australia in 2018.

展示会場&LOUNGEについて

&LOUNGE(アンドラウンジ)は、合同会社LIBが運営する美味しいお酒と体に優しいフードをカジュアルにお楽しみいただける日本酒ダイニングです。

日本酒が初めての方や、飲み慣れていない方にも唎酒師がお好みの一杯を見つけるお手伝いします。選び抜かれた30種類近くの純米酒の他、地元深川産のワインや日本酒カクテルなども取り揃えております。東京産を中心としたこだわりの有機野菜を使用した自然な美味しさのフードと共に楽しいひとときをご提供します。

&LOUNGEのHP

【追記】本展に合わせ12月17日(日)19時より、作家本人とキュレーターの矢萩邦彦氏の対談イベントを開催いたします。

イベントページ