「被災地について人よりも知っていると思っていたけど、被災者の気持ちはあまり考えていなかった」高校生・東北スタディツアー参加報告 河野美桜

2014/10/17河野美桜(埼玉県)

今回、陸前高田市や気仙沼市を訪れて震災ということの恐ろしさを改めて思い知らされました。

私は祖母の家が被災したのに、震災のことをどこか他人事のように捉えてきたのかもしれません。当時は祖母や従兄弟が住んでいる福島県に行き、壊れた家を見て、家族5人で狭いアパートに住んでいる状況を目の当たりにしました。でも埼玉に帰ってきても、もし自分の地域に被害が出たら…なんてことは考えませんでした。祖母の家も次の年には新しい家が出来て震災の被害は跡形もなくなったように思えました。

そして、東日本大震災が世間でも私の中でも風化されているようなこの時期に先生から今回のお話を頂きました。私は素直に行きたいと思いました。陸前高田市や気仙沼市は特に被害の大きかった所だし、福島以外の地域ではどんな被害があったのか知りたいと思ったのです。

沿岸に着いて、まずバスで移動している時に見たのは何もない土地をダンプカーが移動している光景でした。まだ瓦礫ばかりが残っていると思っていたので被災地も少しずつだけど進んでいるのだなと思いました。しかし、それと同時に復興はまだまだなのかなとも感じました。私が最初に足を踏み入れたのは、3階まで津波で流されアンテナに登った数人しか助からなかったという建物でした。(宮城県南三陸町)赤い鉄骨しか残っていなくて花などが供えられていました。ここは誰かが亡くなられた場所。そう思うとシャッターを切っていいのか悩みましたが、今のこの状況を残さないといけないと思い、シャッターを切りました。

そのうちに仮設住宅のある米崎小学校に着きました。カキ氷を仮設住宅の方々に振る舞うのは安田さんから聞いた時から楽しみにしていました。実際行ってみると思っていたよりみなさん元気でこっちが元気をもらうような、そんな暖かい気持ちになりました。人々の笑顔の瞬間を切りとることはとてもいいことだなと思いながらシャッターを切りました。

その後、仮設住宅の自治会長の佐藤さんのお話を聞きました。佐藤さんのお話の中で印象に残ったのが「明日も大丈夫なんてことはない。被災を他人事にしないで。」という言葉でした。人は自分が経験してないことだと自分には関係無いことと信じ込んで、現実から逃げてしまいます。そうならない為にもいつ何があっても対応出来るように知識が必要なのだと改めて感じました。

ホテルに着き、夜のミーティングでは希望の一本松の話が心に刺さりました。残った1本の松、私はすごいと思いました。だけど安田さんのお義父さんや土地の方々は元々7万本あった状況を知っているので、一本松はそれが1本になってしまうほどの大きな津波が来たという象徴でしかない。という話でした。自分は被災地について人よりも知っていると思っていたけど、被災者の気持ちはあまり考えていなかったのだと惨めで情けない気持ちになりました。

2日目は語り部として震災を伝え続けている釘子さんのお話を聞きました。釘子さんはホテルに勤めていた経験を活かして避難所を立ち上げたそうです。釘子さんは避難所で感染症の方の為の隔離室を作ったり、避難者名簿をNHKに流してメディアに取り上げてもらったりしたそうです。いざという時にこういう知識を使ってみなさんの役に立っているのはすごいと思いました。

次に桜ライン311というプロジェクトの岡本さんにお話を聞きました。桜ライン311とは、津波の到達点に桜を植えていくというプロジェクトです。津波を未来の子供達にも受け継ぎたいという思いから始めたプロジェクト。石柱だと住民の皆さんに忘れられると思ったので桜にしたそうです。桜なら癒しにもなるし、毎年春になると桜が咲いて津波のことを思い出してもらえると思ったそうです。でも岡本さんは、「後世の人にとって桜は明るいものになってほしい。震災後に生まれた子に明るい希望になるものを残したい」とおっしゃっていました。私はこのお話を聞いてとても素敵な事だなと思いました。岡本さんは”明るいもの”という言葉を何回もおっしゃっていて、前向きですごいと思いました。大学生になったら桜を植えにボランティアに行きたいとそんなことを考えながらお話を聞きました。

2日目最後は佐々木商店さんで漁師体験をしました。実際に船に乗り、牡蠣の養殖地を見てきました。海に出ると牡蠣の網がたくさんありました。佐々木さんは震災後船を引き上げて海に出れることになった時、わくわくしたそうです。また海に希望が持てると強い励みになったとおっしゃっていました。津波が襲ってもやっぱり海が好きだからまた戻ってくる、漁師の皆さんの情熱が漁業を支えているんだなと感じました。また、牡蠣を地域ブランドにして、全国に広めて復興させるという考えもすごいと思いました。

2日目を終えて、このままではいけないという気持ちが大きくなりました。「未来に伝える」ことをしなければいけないと思いました。

3日目は2日目みんなで話し合ったことをもとに、行き先を決めました。まずは気仙中学校に行きました。気仙中は屋上まで津波が来たのにも関わらず全校生徒、全職員が生存したという中学校です。その場所には全壊した校舎がただ残っているだけでした。割れた窓からは瓦礫がたくさんありました。ボロボロのカーテンがまだ残っていたり、津波の被害の大きさを感じました。次に行った砂浜はとても綺麗でこんな海が街を壊すこともあるんだと怖くもなりました。砂浜の前にある柵は折れ曲がっていて痛々しかったです。

色々な思いを抱えて過ごした三日間。私にとって、とても貴重な経験になりました。思っていたよりも学ぶことが多く、自分が知らなかったこともたくさんあって毎日が勉強でした。今回だけでなく、これからも被災地に訪れたい。訪れて、吸収して、広める活動をしていかないと思いました。今回学んだことをちゃんと活かして被災された皆さんがおっしゃっていた、「震災を他人事にしない。」「自分の話を聞いたなら次震災が起きたとき、被災しないで。」という言葉の一つ一つが重く響きました。

高校生という大事な時期に大切な経験をさせていただき、OLYMPUSの方には本当に感謝しています。そして、安田さんやツアーに参加した皆と大切なことを一緒に体験することが出来て本当に良かったです。今回出会った皆さん、本当に本当にありがとうございました。

写真展「高校生が見た陸前高田」の情報はこちら

高校生東北レポート2014

comments powered by Disqus

Next Quest