「”当たり前の高校生活を送れることは幸せ”その幸せをしっかり噛み締めたい」高校生・東北スタディツアー参加報告 佐藤凛太郎

2014/10/17佐藤凛太郎(千葉県)

仙台駅をバスで発った後に、安田さんが言った。

「みんなは違うと思うけど、観光気分で『被災地来ましたー』っていう人もいる」。

それを聞いて、自分自身に問いただしてみた。なぜ、今回このツアーに参加したのかを。

仙台駅に着いて、まず目に入ったのは「復興」と書かれた看板だった。陸前高田に向かう途中で立ち寄ったサービスエリアの入り口には、「復興支援ありがとうございます」と木の板が立てかけられていた。目的地に近づくにつれ、同じ標識が見られるようになった。

「ここから過去の津波浸水地域」

道路の脇には田んぼが広がり、遠くには山が見える。少し先に進むと、白く輝く海が現れた。よく見る風景を、この標識が少し異質なものにしていた。

最初に降り立ったのは、防災庁舎(宮城県南三陸町)だった。骨組みだけになっていた。それは津波がこの建物を襲ったという紛れもない証拠だった。ここで、沢山の人が流された。
この建物を前に、ただ呆然と立ち尽くすことしかできなかった。ふと辺りを見渡すと、土砂が積み重ねられていた。説明を聞かなかったら、それがかさ上げのためとはわからなかった。被災地について準備不足だった自分が少し情けなくなった。

米崎小学校に着いたのは、正午を回ってからだった。立っているだけで汗をかく、まさにかき氷日和だった。時間が経つにつれ、人が集まるようになった。校内の小学生に声を掛けると、「先生と後から行く!」と元気な返事が返ってきた。他にも年配の方々が多く来てくださった。かき氷を食べながら楽しそうに談笑する様子を見ていると、自然と心が和んだ。そして、小さい小学生たちが隊列を成してやって来た。仮設住宅の真ん中にある、かき氷屋台はたちまち賑やかになった。子供たちのいるベンチに座ってみる。どこの誰かもわからない自分にみんな話しかけてくれた。

「シロップ混ぜてみた!」
「鬼ごっこしよーよ!」
「何歳?」
「妖怪ウォッチの○○に似てるー!」

元気な子供たちを見て、嬉しくなった。そんな子供たちの笑顔を前に、夢中でシャッターを切った。

仮設住宅の自治会長佐藤さんの話の中で、印象に残っていることがある。それは、災害に備えるということ。この話を聞いた20日には、広島で大規模な土砂崩れが発生した。少し遡ると、落雷で部活動中の高校生が亡くなった。また、地震発生から1分以内に津波が来る場所が日本だけで15カ所あるというニュースを見た。

もちろん、災害を予測することはできない。でも、起きてから早く逃げることで被害は少なくできる。佐藤さんは、来ると分かっている津波で命を落とした人がいるのが悔しいと話していた。「どこかで、災害は起きないと思っている」。それを聞いて、ハッとした。非常袋の用意と避難方法を確認すること。これを忘れないようにしたい。

佐藤さんは2015年に仮設住宅を出ると話していた。仮設住宅は狭く、壁が薄い。話し声や着信音まで聞こえてしまうという。住み慣れた一軒家での暮らしとの違いに多くの人がストレスを感じている。「あー、早く引っ越してぇなー」佐藤さんが呟いた。今まで威厳に満ちた態度で真剣に僕たちに訴えかけていた佐藤さんのその言葉は、意外だった。同時に、本当にそう強く願っているんだなと思った。震災を経験しながらも、前向きに生きている仮設住宅の人々は「強い」。

次の日には、桜ラインの岡本さんの話を聞いた。今の子供は、津波の町としての陸前高田しか知らない。桜を津波が到達した所に植えることで、津波による悲劇を風化させない。それとともに、陸前高田を桜の名所として誇れる町にしたい。そう語っていた。未来を見据えた活動が行われていることに驚いた。また、その次の日のことだが、広島の土砂災害への寄付を集める活動を計画していた。陸前高田の復興だけでなく、同じような境遇にある地域のために行動を起こすということに、ただただ凄いと思った。

佐々木さんの船に乗せていただき、陸前高田市街地跡を海から眺めた。かさ上げの土を運ぶベルトコンベヤーや一本松、防潮堤の工事の様子を見ることができた。復興するまでには、最終的に8年かかると言われている。ベルトコンベヤーを希望の架け橋と陸前高田の人たちは言っていた。防潮堤の工事には、沢山の重機が使われていて、忙しく動いていた。復興へと向かっている、そう確信できた。一本松はどこか物寂しく見えた。私たちが唯一残った希望の松と捉える一方で、陸前高田の人は数多くあった松が今は1本しかないと捉える。そう安田さんが話していたのが、強く響いたからかもしれない。

また、佐々木さんは牡蠣を養殖している。高台移転のために森からの栄養が届かないことを危惧していた。復興へ着実に歩みを進める中で、問題が生じていることも忘れてはいけない。

最終日は、脇ノ沢漁港へ向かった。戻ってくる波で防潮堤が破壊されたと聞いていた。実際見てみると、とても広い範囲で壊れていた。上ってみて、海を望んでみた。日光を受けて輝き、遠くまで広がる、広大な海。そんな美しい海と、自分の足元に広がる壊れた防潮堤をなかなか結びつけられなかった。

そして、陸前高田を俯瞰できる高台に行った。この3日間で訪ねた所を思い出しながら、眺めてみる。希望の架け橋が目に留まった。今の陸前高田の姿をくっきりと目に焼き付けておきたかった。

千葉に戻り、顧問の先生に今回のスタディーツアーの報告をした。「自分がいかに恵まれているか気付いただろ」そう言われて、語り部の釘子さんの言葉を思い出した。

「勉強ができることは幸せ」
「当たり前の高校生活を送れることは幸せ」

その幸せをしっかり噛み締めたい。

写真展「高校生が見た陸前高田」の情報はこちら

高校生東北レポート2014

comments powered by Disqus

Next Quest