「あまりにも現実離れしてる光景に言葉が出ませんでした」高校生・東北スタディツアー参加報告 古久保椎奈

2015/11/27古久保椎奈(和歌山県)

「頂く」という姿勢、「悼む」という気持ち、そして「伝える」を目指して。こう安田菜津紀さんがおっしゃられました。私はこの「頂く」「悼む」「伝える」の3つの言葉を胸に東北スタディーツアーの3日間を過ごしました。

1日目

私が自分の目で直接見た被災地。それは、一面かさ上げ工事による砂の山、巨大なベルトコンベア、雑草が生い茂る殺風景なものでした。テレビなどで得られる被災地の情報が少ない中、やっと「今の被災地」というものを自分の目で確かめることが出来ました。

移動中のバスの中から見る景色。今は砂の山だけれど、ここにも前には家があって自分たちと同じように生活をしている人がいたと、そう考えるととても胸が苦しくなりました。

そんなことを感じながら、初めについたのは南三陸町防災庁舎跡。そこには鉄骨だけの建物がありました。ぐにゃぐにゃに曲がった鉄の階段が津波の威力の大きさ、恐ろしさなどを全て物語っていました。ここで何人もの方々が亡くなっている、そう思うと本当に写真を撮ってもいいのだろうかと考えてしまうほど私には衝撃的な光景でした。

その後に佐藤さんのお話を伺いました。佐藤さんのお話の中で、最も印象に残った言葉が2つあります。

それは「津波がくると分かっていたのに、なにも備えていなかったことが一番の後悔」とおっしゃっていたことです。その言葉は正直自分に言われているのかと思うほど今の自分にグサッとくる言葉でした。私の通ってる高校は海抜2メートル。そして私の住んでいる和歌山県は南海トラフがくるとされていて、もしこのような大きな地震がきたときには津波の被害を避けられない学校に通っています。なのにまだ心のどこかで「まだ地震なんてこない」と思っている自分がずっといて、なにも備えてきませんでした。佐藤さんは同じ後悔を私たちにして欲しくないと思います。だから備えられることは、この話を聞いた「今」するべきだと感じました。

もう一つは「大震災は人が死ななければ単なる大地震でおわる」という言葉です。本当にその通りだと思いました。「津波てんでんこ」という言葉があります。家族を見捨ててでも自分の命は自分で守れという、少し冷たい言葉に聞こえますが、自分の命は自分でしか守れないし、自分以外誰も助けてくれない、家族を信じて一旦自分を守れという、本当は家族を信頼してこそできる言葉なんだということを私は学びました。

その後に仮設住宅にて、かき氷を作りながら住民の皆さんとの交流がありました。仮設住宅っていうと、なんとなくだけど暗いイメージがありました。でもそこにいたのはみんな笑顔で仮設住宅みんなが家族のような温かい人たちでした。おばあちゃんとのお話でこう言うことをおっしゃっていました。「最初の一、二年は魚を食べるのも嫌だった」この言葉がとても印象的でした。魚に食べられるような気がして嫌だったそうです。それほど津波による黒い海が恐怖だったということを身にしみて感じました。

2日目

釘子さんの案内で陸前高田市街地を見学しました。高田松原タピック45の建物の中には大きな松の木が突き刺さってていました。あまりにも現実離れしてる光景に言葉が出ませんでした。平凡に見えるものが一瞬にしてなくなった。これがどれほど辛くて怖いものなのかは 私には想像しきれませんでした。

避難所となった仙寿院の柴﨑住職のお話も聞きました。PTSDという病気を抱えながらも私たちにのために思い出したくもない経験を語ってくれました。住職さんのお話で仮設住宅で自殺してしまう人がいるというお話がありました。私はこれを聞いた時ショックでした。津波でたくさんの人が亡くなっている中で、せっかく生き延びた命なのに自ら命を絶つのってとても悲しいことだなと思いました。でもこうやって自殺してしまった方もたくさん悩んで悩んで苦悩して、決断したんだと思うと、本当に地震とかの災害って人の命や家とかの建物を奪うだけじゃなくて、人の精神的な面も壊していく恐ろしいものなんだと私は思います。

電気がついた、それだけで泣いて喜んだと住職さんが言ってました。この言葉を聞いた時に1日目の佐藤さんの「幸せのハードルが下がる」という言葉はこういう事かとよく理解することができました。

その後に映画「遺体」を見ました。死体をご遺体と呼ぶ。死んだ人も生きてる人と同じ扱いをする。亡くなった方にも優しく喋り掛けている姿にすごく心をうたれました。この映画は被災者の方は見れないと言っていました。それほどこの映画はリアルでその当時の様子を表現していて見ていて感動しました。

3日目

釜石望鈴さんの案内で大槌町を見学しました。大槌町は二次災害による被害も多かった町です。最後に海に行った時に、おじいちゃんとそのお孫さんが海で遊んでいて、海って津波で怖いだけじゃなくて、本当はこうやって楽しく遊ぶこともできる場所なんだよって言うこともそのおじいちゃんとお孫さんが教えてくれた気がしました。

お話を聞いたどの人にも共通することは、この経験をもう二度としてほしくないという願いです。この願いを次の世代に伝えるために私たちにこうやって辛い過去をもう一度思い出して教えてくださる。本当に感謝しなければいけないことだと思いました。私は、被災地に行ってから何気ない風景でも考えながら見るようになりました。明らかに物の見方や考え方が変わりました。スタディーツアーに行ってまた一つ自分が成長した気がします。本当に貴重な経験をさせていただきました。この経験を必ずこれからに生かします。

全国の10人へ

ミーティングのとき、みんなそれぞれ自分の意見や意志、本当に真剣で家族のことや、友達のこと思う気持ちがちゃんとあって、本当にこの10人に出会えたことを嬉しく思いました。この10人の中にも被災された人がいて、でも被災しながらもこうやって前向きに考えてる姿勢にとても刺激を受けました。3日間本当にありがとうございました!!

最後に被災地の皆さん、安田菜津紀さん、そして改めて全国の10人、その他 参加者の皆さん本当にありがとうございました!

高校生東北レポート2015

comments powered by Disqus

Next Quest