「ありのままを伝える事が私の役割であり、私にしか出来ない役割」高校生・東北スタディツアー参加報告 清武燈

2015/11/27清武燈(岩手県)

ただただ沿岸の人々の強さに圧倒され、自分の無力さを心から悔やんだ。見るもの全てが衝撃で、感想を言葉にするのも躊躇うものもあった。この3日間の事は一生忘れない、そう断言出来る、本当に貴重な3日間だった。

南三陸町防災対策庁舎

新幹線を降りて、最初に向かったのが南三陸町の防災対策庁舎だった。波に飲まれた姿のままの防災対策庁舎と、埋め立て作業のために盛られた土や走るトラック、この2つの組み合わせに違和感を覚えた、と同時に、それらは、沿岸の現状を一瞬にして私に伝えてくれた。

この場所で必死に津波が来る事を街に呼びかけ、亡くなった人々。その人達のおかげで、何人の人の命が救われたのだろうか、手を合わせながら、そんな事を考えた。その死に価値がある、なんて言うつもりは決してない。ただ、震災に対する自分の無力さを、ここで初めて感じた。

米崎小学校

自治会長の佐藤一男さんのお話の中の「大変だという事に慣れているから、大変さを周りに出さないんだ」という言葉。明るい子ども達の声と、おじいちゃん、おばあちゃん達の優しさ。他の街と何ら変わらない、普通の空気が流れていた仮設住宅。その情景に理解が追いつかなかった。心に多くを抱えながらも、強く明るく生きる人々、その強さを肌で感じたかけがえのない時間だった。

釘子明さんのお話

「自分の避難所を確認する事で、自分の大切な人を守れる、それが亡くなった人への一番の供養だ」という言葉に、沿岸の被害について学ぶ前にやらなければいけなかった事を、その時初めて思い知らさせた。自分が災害に対してどれほど無知で無関心だったかを思い知らされた。

仙寿院、芝崎惠應住職のお話

沿岸の人々の笑顔の理由は何か、という私の問いに対して、「自分で自分を保つため。無理をしてでも笑顔を作っている」というご回答を頂いた。それまでに出会ってきた人々や友達の笑顔に、そんな理由があるかもしれないと考えると、涙が止まらなかった。津波を経験していない自分はやはり、沿岸の人々の気持ちを何も分かっていないんだな、とも思えた。沿岸の人々の本当の苦しみが分からないのに泣いている自分にも腹が立った。ただ、ここで改めて自分が沿岸の力になることの難しさを感じたが、無力さを噛み締めた自分だからこそ出来る事があるのではないかと、前向きに捉えられるようにもなった。

釜石望鈴さんのお話

「人は一人では生きていけない」という望鈴さんの言葉は、本当に素直に、私の心の中に入ってきた。何かあった時に、誰かと結びつける事程心強い事はないのではないだろうか、そんな仲間がいる事はどんなに幸せなんだろうか、そんなことを思った。周りの人と繋がり生きていく事、改めてその素晴らしさを伝えられた。

最後に

小学6年生の時に経験したあの大きな揺れと停電の恐怖の記憶を、ただの恐怖の記憶で終わらせないため、価値のある記憶として後世に残せるようにするため、という思いもあり、参加した今回のスタディーツアー。ショックを受ける事も、涙が止まらない事も多くあったが、参加して本当に良かったと、レポートを書きながら改めて思う。

スタディーツアーでの学びを受けて、これから私が未来のために出来る事、それは、「未来と、沿岸の人々とをつなぐ媒体となる事」なのではないかと考えた。津波を経験していない私が、「岩手県民だし、自分も地震を体験したし…」と沿岸の事を語っても、沿岸の人々に向ける顔がないし、説得力も何もない。そもそも、分かったように語る権利なんてないのだ。だからこそ、今回のように写真や文章を通して、少しの自分の気持ちとともに、ありのままを伝える事が私の役割であり、私にしか出来ない役割なんだと思う。具体的にどう行動するか。まだ漠然とはしているが、将来の夢である映画製作と結びつけてみたり、SNSで発信してみたり…。無限の手段がある現代社会で、少しずつでも、確実に発信していきたいと思う。

最後に、今回のツアーでお話を聞かせていただいた沿岸の皆さん、心から感謝しています。また、10人の仲間と共に旅をし、思いを共有できて嬉しかったです。OLYMPUSの大関さん、菅野さん、田中さん、添乗員としてご同行くださった山池さん、皆さんのサポートのおかげで、有意義な3日間を過ごす事が出来ました、ありがとうございました。

そして安田菜津紀さん、今回のツアーは、菜津紀さんがこれまで沿岸と深く関わり、築かれてこられた関係があってこそのツアーだったのだと思います。菜津紀さんの丁寧な言葉のひとつひとつに、様々な事を考えさせられました。本当にありがとうございました。

高校生東北レポート2015

comments powered by Disqus

Next Quest