「笑顔を自分の中から消さないでこれからも精一杯生きていこう」高校生・東北スタディツアー参加報告 園部穂乃香

2015/11/27園部穂乃香(福島県)

私は今回スタディツアーを通していろいろな経験をしました。改めて感じることもあったり、新しく学んだりすることもありました。

初めに防災庁舎を見学しました。信じられない光景でした。鉄骨や階段の手すりが簡単に修復できないぐらいに曲がり、一つ一つの部屋の壁や窓もあったものが全てなくなっていました。津波の恐ろしさを目の当たりにしたと同時に津波の威力を感じました。

佐藤さんにお話を聞かせていただきました。地震が起きて、被害にあった時どうすれば良いのか、また、備えられることが他にあったのではないのかという話などもしてくださいました。地震が起きて、電気や水が止まりました。そういうときに知識がないことには人を助けられません。川を流れている水や山から湧き出ている水は沸騰させることによって毒性をなくし飲むことができます。そのような知識を持ってないといざというときに人を助けることができません。物がなくても頭を働かせ有るものを上手に使えば代用できるものなのだとわかりました。

仮設住宅では小学校の子たちとかき氷をいろんな味と混ぜて食べたり、おじいちゃん、おばあちゃん方とお話をしました。小学生の子達はとても元気でお話ししてすごく楽しかったし、また「かき氷おかわり!」など言ってくれるようになったりしてだんだんと仲良くなれているのかなと思い、嬉しかったです。

おじいちゃん、おばあちゃん方とお話もしました。「どこから来たの?」と聞いてくださったり戦争時代のお話もしてくださいました。またおばあちゃん方は、海は怖いけどいいとこだと言っていました。本当に海が好きなんだと感じました

語り部ガイドの釘子 明さんにお話をしていただきました。陸前高田市を見学したときに津波到達点を表した看板が建っていました。テレビで見るのと実際に見るのではやっぱり違い、とても恐ろしくなりました。

南リアス線に乗る前に軍手をいろいろアレンジしてメッセージが書いてありました。そのメッセージにはみんなの復興への思いなどが書いてあり、ひとりひとりが前へ進んでいるんだなと感じました。

住職の芝崎恵應さんに震災当時の話をしていただきました。仙寿院は高台に建てられており津波が来たとき避難場所になりました。

実際に津波が来たときの映像を見せてもらったときに衝撃を受けました。あまりしっかり歩けないおじいちゃんおばあちゃんが津波で流されてしまったことです。「自分が助からないと」という思いを持っていても、誰かを残して逃げるというのは心が痛みます。それでも、その家族のだれか一人でも生き残ることがどんなに大切なのかお話を聞いてとても強く感じました。

また、恵應さんのお地蔵さんのお話を聞いたとき涙が止まりませんでした。自分の大切な人が亡くなってしまったときその現実をなかなか受け止められないと考えるとお話を聞いてて辛かったし、おばあちゃんを亡くしたおじいちゃんが一番つらいなと思うと涙が止まりませんでした。

『遺体 ~明日への十日間~』の映画は遺体安置所でおこっていたことがそのまま映像化されたものでした。遺体安置所でどんなことがあったのかを知りました。

釜石望鈴さんの案内で大槌町を見学しました。役場を見たときに、すべての階の窓などがなくなっていました。また、屋上に津波が来たときに流されないようにしがみついていた棒が残っていました。

役場の前に花がたくさん咲いていました。この三日間を通していろんな場所に花が元気に咲いてるところを見ました。そういうのを見ると元気が出るし、もっといろんな花を見てみたいなと思いました。

最後に、この三日間でたくさんの方に出会うことができました。この出会いに感謝しています。このツアーに参加していなかったらこのような経験をすることはなかったと思います。恵應さんがおっしゃっていた「笑顔がなくなると自分がつらくなる」という言葉がずっと心に響いています。笑顔を自分の中から消さないでこれからも精一杯生きていこうと思います。震災があって、地震があったときにちゃんと情報を確認したり、家に何が準備してあるのかを調べたりと以前気にしていなかったことを気にかけるようになりました。自分の心の中で意識が少し変わってきたような気がします。

二度とこんな悲しいことが起こらないように今わたしたちができることは何か、するべきことは何なのかを考えて毎日を生きていきたいと思います。

また、わたしたちが経験した東日本大震災、この震災を伝えていきたいと強く思いました。

高校生東北レポート2015

comments powered by Disqus

Next Quest