「もう誰もこのような悲しい思いをしないように伝えていきたい」高校生・東北スタディツアー参加報告 若井祥子

2015/11/27若井祥子(新潟県)

私は、東北スタディツアーに参加する前に、2度被災地を訪れていました。2回とも、所属している写真部で被災地を記録するために行きました。その時は、現地の方に詳しくお話しを聞いたりする機会がなかったので、よくその場所のことを知らずに写真を撮っていました。そのため、私がこの場所を写真に収めていいのだろうか。という気持ちもあり、自分の思うようにシャッターをきることができませんでした。そのようなこともあり、このツアーを知った時、今度は被災地の方の想いを聞きたいと思い、参加を決めました。

ツアーでは、3日間、全国から集まった高校生の仲間達と一緒に貴重な経験をすることができました。

まず、1日目は、仙台駅に集合し、皆でバスに乗り、宮城県の南三陸へ行動しました。私たちがまず初めに行ったのは、防災庁舎でした。まずそこで手を合わせました。周りではかさ上げ工事をしていて、重機の音がしました。以前にも、防災庁舎を訪れたことがありましたが、その時よりも工事が進んでいて、そこで暮らしていた人達の故郷がだんだんと消えていくことに、悲しさを感じました。防災庁舎は、いつ見ても重々しい雰囲気があり、東日本大震災のことを忘れてはいけないと再確認することができました。

次に向かったのは、米崎小学校の仮設住宅でした。はじめに、集会所へ行き、自治会長をされている、佐藤一男さんからお話を伺いました。佐藤さんは防災士の資格を持っていて、たいへん防災の知識がある方でした。当時のことや、防災の備えについてお話ししてくださいました。その中でも、コミュニティーや、近所づきあいが、どれほど大切なのか学ぶことができました。この震災では、家族を助けようとしたために亡くなった方も少なくないそうです。普段の家族とのコミュニケーションや、もしもの時の避難場所の確認をすることの大切さを知りました。

佐藤さんのお話の中で、「津波てんでんこ」という言葉がありました。この意味は、津波が来たら、他人の命よりも先に、自分の命を守って逃げなさいという意味だそうです。私は、とても難しい判断だと思いました。でも、普段から家族と共通の避難の確認をしておけば、家族を信じて逃げることができると教えてくださいました。自然災害は、いつ、どこで起こるかわからないので、十分な備えをしなければならないと思いました。

佐藤さんから貴重なお話を聞いた後に、米崎小学校の校庭で、かき氷を作って、仮設住宅の方々に食べてもらいました。子どもからお年寄りまで、皆が「おいしい」と言ってくれて、とても嬉しかったです。かき氷を食べながら、おばあさん達と話していた時、あるおばあさんが、以前、仮設住宅の工事をした時に、仮設住宅を支えていた木のくぎが、キノコが生えるほど腐っていたとおっしゃっていました。普通であれば、二年の予定であった仮設住宅に、四年も住んでいて、不安もあるはずなのに、笑顔を見せてくれて、私も何かできることをしたいと思うようになりました。

2日目は、被災地で語り部をされている、釘子明さんに陸前高田を案内してもらいました。バスの中では震災直後の写真や、震災が起こる前の、美しい高田松原の写真を見ました。津波の破壊力と恐ろしさを感じました。

そして、昨年の8月にできた資料館に行きました。そこには、とても大きな松の根が展示されていました。私は、津波で流された松ではなく、いつか以前のような松原を、自分の目で見たいと思いました。

案内していただく中で、釘子さんに、三つの質問をされました。それは「自分の行くべき避難所に行ったことがあるか」「そこは安全なのか」「備蓄はあるのか」でした。私は、どれにも手を挙げることができませんでした。もっと災害について、真剣に考えなければならないと思いました。陸前高田では、指定避難所の3分の2が被災したそうです。釘子さんは、「このような経験をするのは、自分達だけで十分」とおっしゃっていました。被災地の方々の経験を無駄にしないためにも、自分の身を守るための備えをしようと思いました。

次に向かったのは釜石にある仙寿院というお寺でした。そこでは住職の芝崎さんからお話を伺いました。仙寿院は、151日間避難所として使われたそうです。当時は、避難してきた方々に部屋を提供したため、芝崎さん家族は、台所の机で寝たり、食料も避難者の方優先だったためとても大変だったと思います。

仙寿院には、身元の分からない無縁仏が保管されていて、私達はそれらを見せてもらいました。身元が分からないため、名前の代わりに番号がつけられていました。最後まで、その人が誰なのか分からず、自分がいたということすら伝えられずに、この世からいなくなってしまうと聞き、すごく悲しい気持ちになりました。自分の家族には、そんな思いをさせたくないと思いました。

最終日は、大槌を釜石望鈴さんが案内してくれました。釜石さんは、私達に「100人Photos~大槌で出会った100人~」というフォトブックをプレゼントしてくださいました。そこには、釜石さんが撮った大槌の人達の笑顔がありました。自ら発信している釜石さんは、すごいと思いました。私も、社会の人に伝えるということをしたいと強く思いました。

私は、この3日間を通して、被災地の方々とふれあい、貴重なお話を聞いて、被災地の今を見てきました。実際に現地へ行ってみないと分からないことはたくさんありました。このツアーで出会った方々は、皆、同じ過ちをくりかえさないように、一生懸命お話をしてくださいました。自然災害は、いつどこで起こるか分かりません。災害リスクの高い日本に住んでいる以上、十分な備えと、知識が必要であると学ぶことができました。被災地の方々の経験や、お話を大切にし、もう誰もこのような悲しい思いをしないように伝えていきたいです。

最後に、このツアーで一緒に過ごしてくださった、安田さん、大関さん、田中さん、菅野さん、山池さん。私達にこのような機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。そして、被災地の皆さん、貴重な経験をありがとうございました。

高校生東北レポート2015

comments powered by Disqus

Next Quest