「自分にできることを等身大で、自分なりにやればいいんだ」高校生・東北スタディツアー参加報告 飯島勝大

2016/11/06飯島勝大(神奈川県)

このツアーを通じて上野さんの話が、圧倒的に印象には残っています。でも、僕は上野さんのことが苦手になってしまいました。

上野さんの話は、愛する子供と親、慣れ親しんだ故郷を失った悲しみに満ちていました。それでいてなお、自宅跡地が半径20キロ以内で指定避難区域になりながらも遺体の捜索を続ける上野さんの話は、一見将来のことを見据え前を向いているようでそうではありませんでした。”自殺”ということについて、明言はしないまでも、そういう心境に陥っていたことを話してくださいました。

僕は震災のことを考える時に、いつも”どこまでいっても自分にとっては他人事”ということを意識しています。それは、いい意味でも悪い意味でも真の意味で被災者の方の心境を理解することはできないと思うからです。それでも理解しようという姿勢が大事なのはわかるし、そう思うからこそ今回もこのツアーに参加したけれど、上野さんと出会って被災者の方とどう接したらいいのかわからなくなってしまいました。

運命は非情にも上野さんの心を二度と引き返せない寸前まで追いやりました。僕は何を質問したらいいのかわかりませんでした。僕は復興というものを、瓦礫の中から人々が立ち上がり、光さす明日へ向かって歩きだす、そんな明るいイメージで考えていたのですが、それは半分正解で半分は間違いだったのです。

立ち上がって歩き出してなお、その体に、心に大きくのしかかる震災の傷跡。復興とはなんだろうか、そんなことを考えていたら上野さんが”備えてほしい、教訓にしてほしい”と言いました。このことは上野さんだけではなく佐藤さんも佐々木さんも釘子さんも、みんな同じことを言いました。色々考えることはあるけれど、備えることは”今”できることです。僕は震災の揺れすら経験していません。そんな言うなれば”外様”の僕にできることはそれしかないのです。でもどうやって?

話を聞いていくうちに何か大きなことをしようとしていた自分に気がつきました。自分にできることを等身大で、自分なりにやればいいんだと、そう思いました。佐藤さんは防災士となり活動されています。佐々木さんは地元の牡蠣のブランド力を高めようといろいろな新しいことに挑戦しています。

釘子さんは語り部となりその経験を後世に残そうとしています。みなさん自分なりにできることを見つけていました。ぼくにできることはなんだろう?友達と避難について話し合う?自分の家の周りの避難所について確認する?色々できることはありました。

今回これに申し込む時もいろいろな思いがあって悩みました。でも参加してよかったです。行動しないと始まらないです。人間みんな死にたくなんてありません。でも現実として防災袋を備えている家庭がどのくらいあるのだろう。ちょっと動けば、できることです。

僕はいつ地震がくるかわからないこの日本という国に住んでいます。後悔したくない、まず動こう、行動しなきゃ、そんな思いで一杯になりました。震災を風化させてはいけないとはいいますが、風化してしまうものです。でも、一度訪れて被災者の方と話せば二度と忘れない経験になります。考えるより先に行動しろ。そんなことを胸に刻み、これから成長していきたいです。

高校生東北レポート2016

comments powered by Disqus

Next Quest