(C) 泉るな(佐賀県)

「人から人に想いを伝える」高校生・東北スタディツアー参加報告 泉るな

2017/11/03

父が東日本大震災のときに関東で被災して、連絡がつかずに不安になったことから、地元の佐賀でよくボランティア活動を行っていました。しかし、あれから約6年が経ち、今の東北はどうなっているのかよく知りませんでした。私はこのスタディツアーで初めて東北に足を運び、現地の方の声を自分の耳で聞き、今の現地の姿を自分の目で見て、カメラに収めることができました。

私はこのツアーで学んだことがあります。それは、同じことを繰り返さないということです。災害というのは、世界中で起こっています。東日本大震災でもそうですが、いつどこで何が起こるかわかりません。そんな中で生きている私たちは、普段から避難場所や、避難経路、防災グッズや保存食を確認しておく必要があります。また、災害の知識を増やすことは、自分の命だけでなく、ほかの人の命も助けることの出来る術だと思います。

東日本大震災で被災された上野さんの話では、「辛い思いをするのは自分たちだけで十分だ。もう被災者を出したくない。」とのことでした。その言葉を聞いて、東日本大震災から学んだ地震の怖さや、いつも通りに過ごしていた日々が一瞬にして無くなってしまった恐ろしさを、一人でも多くの人に知ってもらいたいと思いました。

私はツアー後に地元に帰ってからも、被災地のことが脳裏に焼き付いていました。東北では、津波が来たところは平地になっていて、そこには植物が生えていました。まるで元々そのような土地だったのではないかと思わせる様子は、私の住んでいる街の田んぼの平らな土地と重なってしまい、学校の通学路でさえもふと福島県の相馬市の景色を思いだされました。このように、ツアー前より、東北が身近になった私は、大切な家族や友人が一瞬の出来事で居なくなってしまう辛さや悲しみを、いつか自分が知ることになるかもしれない、はっきりと言うならば、自分が被災するかもしれない。他人ごとではなく、自分ごととして身近に考えて欲しいと思いました。

しかし、私の地元佐賀から東北は遠く離れているため、身近に感じてもらうことが難しいです。やはり、自分で足を運んでもらい、東北を知ってもらうのが一番良いのですが、そう簡単にはいきません。災害に興味を持ってもらうことや、被災地の現状、被災者の声を伝えることは、実際に行った私たちがすべき事だと思いました。また、子どもたちに災害のことについて伝えるには、大人の方ではなく、高校生の私たちのほうが、より伝わりやすいと思います。高校生に出来ることは限られていますが、その中でいかに活動するかが大切だと思いました。

私は音楽活動をしていて、昨年四月に起こった熊本地震で被害にあった南阿蘇村に足を運び、自分が被災地を見て感じたことを歌にして、地域の人に被災者の方の想いを伝えています。

人から人に想いを伝えることは難しいことですが、いろいろな伝え方があると思います。今回はOLYMPUSの方からカメラを貸してくださったので、写真で影響を与えることが出来るし、少しでも私の歌や話を聞いて、心揺らぐものがあればいいなと思います。そして、このツアーに参加したことを糧にして、これからの活動に活かしていきたいです。

高校生東北レポート2017

comments powered by Disqus

Next Quest