(C) Yuka Fukasawa

高校生たちが見た東北2014

高校生・東北スタディツアー2014参加者によるレポート

写真展「高校生が見た陸前高田」の情報はこちら

高校生レポート

高校生・東北スタディーツアーによせて

東日本大震災からもうすぐ4年近い月日が経ちます。義理の父、母が暮らしていたご縁で通うことになった岩手県陸前高田市。「いつになったら悲しみは消えるだろう?」「いつになったら安心して暮らせる場所にたどりつけるだろう?」 声にならない想いがまだ、この街の中にたくさんうずまいているように思います。けれども同時に、豊かな山海に育まれた宝物が少しずつ、人々の手で取り戻されようとしています。「こんなに美味しいものがここにあるって伝えてくれよ」と語る漁師さんの誇らしい顔にもまた、何度となくシャッターを切ってきました。 私たちは今、何を受け止め、向き合い続けるべきでしょうか?

市街地のかさ上げが進み、思い出の場所が次々土の下に埋まってしまうその前に。次の世代を担う高校生たちと、この街の中で学び、そして写真を通して残していきたいものがありました。ご協力頂いた皆様へ感謝を込め、ここでは高校生たちが見せて頂いたこと、感じたことの一部をご紹介させて頂きます。この街に、そしてそれぞれの故郷に少しでも、優しい場所が増えていくことを願って。

フォトジャーナリスト・安田菜津紀

高校生・東北スタディーツアー2014スケジュール

8月20日 午前 東京駅集合、新幹線・バスにて岩手県陸前高田市へ
午後 仮設住宅視察、住民の方々との交流
8月21日 午前 震災語り部ガイドの案内で市内見学、復興活動視察など
午後 漁業見学、漁師体験など
8月22日 午前 市街地見学、振返り
午後 バス・新幹線で東京へ。東京駅解散

[主催]
オリンパス株式会社
株式会社スタディオアフタモード

[特別協力]
オリンパスイメージング株式会社

[旅行主催]
クラブツーリズム株式会社